Facebookピクセルガイド1 - 機能説明から実装・設置場所まで

Adgo(アドゴ)が弊社プラットフォームを初めてご利用されるお客さまへお伺いする内容の1つが「Facebookピクセルの設定はお済みですか?」。
もしまだでしたら、このページを読んで実装されてはいかがでしょう。

*Facebookピクセルとは?

「測定、最適化、ターゲットを設定するための優れた広告主向けツールを利用できるようにする、ウェブサイト用のJavaScriptコードです。Facebookピクセルを使うと、ウェブサイトにアクセスした人が実行したアクションを追跡し、その情報を基にFacebook広告をより効果的かつ効率的なものにできます」 (Facebookより)

カスタムオーディエンスリストを作成して、ウェブサイトユーザーへリターゲティングキャンペーンを実施することも可能になります。

*なんで重要なの?

トラッキングコンバージョンを使用すると、現在配信中されているすべてのFacebookキャンペーン、広告セット、広告のパフォーマンスを測定できるようになります。 この中でデータを分析し、コンバージョンを促進しているデモグラフィック、地域、デバイスや時間など、詳細に把握することができるのです。

ー 基本的レベル:誰がどこでコンバージョンにつながったのかを把握し、確実にベストな収益をもたらす領域で広告費用を目標に設定するなど、詳細データの理解につながる。

ー Adgoのようなプラットフォームを使った上級レベル:リアルタイムで結果がわかるため、ビジネスにとって重要である複数の目標に対するターゲティング、入札の最適化が自動で行われる。

*機能について

ユーザーがウェブページにアクセスして新しいURLが読み込まれるとコードが実行され、そのページへの訪問がFacebookによって登録されます。 さらにFacebookピクセルは、Googleアナリティクスと同様、ユーザーがボタンをクリックするなどのウェブページに対する特定の操作を記録することもできます。 これらの2つの機能の間で、あなたのウェブサイトにアクセスしたすべてのFacebookユーザーを追跡し、コンバージョンをトラッキングするために取る特定のアクションを記録することができます。

・種類

  1. ベースコード:サイトすべてのページに貼り付ける
  2. 標準イベントコード:必要なページにのみ貼り付ける

・ポイント

  1. 1アカウントにつき1つ
  2. トラッキングの基本となる共通コードである
  3. すべてのページで<head>タグの間に貼り付ける

それでは実際にインストールしてみましょう。

*ベースコードのインストール方法

・ピクセルを作成する

1. Facebook広告マネージャへアクセス

2. ナビゲーションバーで、「アセット」から「ピクセル」を選びます。「ピクセル」は「ツール」ドロップダウンメニューから選択することもできます。

3. 「Facebookピクセル」タブで「ピクセルを作成」をクリックします。

4. 作成できるピクセルは広告アカウントごとに1つのみであるため、ビジネスを特定できる独自性のある名前を選びましょう。ピクセルの名前は「ピクセル」ページに戻っていつでも編集できます。

5. タグマネージャを利用されている場合以外は「コードを貼り付け」を選択。

6. このページに表示されるコードをコピーし、すべてのウェブページに追加すると、ピクセルを実装できます。貼り付ける場所は、コンバージョンを追跡するウェブページの<head>と</head>の間です。
ウェブサイト全体に実装する場合は、ウェブサイトテンプレートの<head>タグの間に貼り付けましょう。

・確認

確認方法は2つ。
1つはFacebook広告マネージャからの確認と、2つ目は「Facebook Pixel Helper(Facebookピクセルヘルパー)」をインストールする方法です。
Pixel HelperはGoogle Chromeの拡張機能で「ピクセルが検証され機能しているかどうかと、ウェブサイトをチェックするための目的に沿った正しい標準イベントが使用されていることを表示します」(Facebookより)まずは1つ目から見ていきましょう。

・Facebook広告マネージャの場合

Facebook広告マネージャに移動し、メニューから「ピクセル」を選択。「ピクセルがインストールされました!」の文字と、ステータスがアクティブになっていれば、正しくインストールされています。また、反映されるまでに20分程かかる場合があります。

Pixel10.jpg

・Facebook Pixel Helperの場合

1. こちらからダウンロード。
2. インストールしたら、
3. Google Chrome拡張機能のアイコンをクリック。
4.ドロップダウンメニューにそのページで動作しているFacebookピクセル、イベント、またはコンバージョンの詳細が表示されます。

これで実装できました!このベースコードは現在、ウェブサイトのページビューのみをトラッキングしています。次の単元ではコンバージョンをトラッキングしたい場合について説明していきます。

*コンバージョントラッキングの設定方法

コンバージョンをトラッキングするには、標準イベントとカスタムコンバージョンの2つの方法があります。 Adgoのおすすめは、カスタムコンバージョン。上記のベーシックコードに変更を加える必要がなく、設定が簡単で柔軟性が高いのが理由ですが、ここではどちらの設定方法も説明しますね。

1. 標準イベントの使用

標準イベントとは、Facebookが作成した一般的なウェブサイトコンバージョンの集合を指します。 Facebookピクセルコードに追加すると、コンバージョンの最適化やオーディエンス作成が行えるようになります。利用できるイベントの種類は2017年5月現在、9種類です。

・標準イベントの特徴

URLに標準イベントのコードを足すと動作し、フォーム送信など特定のアクションを記録します。
このため、例えば「ご登録ありがとうございます」など、特定のアクションを起こした人だけがアクセスできるウェブページが必要となります。ページにたどり着くためのアクションも記録されるほか、ユーザーとユーザーが取った行動も記録されます。

・貼り付ける場所

追加する際は、イベントを追加したいページのベースコード内のイベントコード「fbq(‘track’, ‘PageView’);」の後。グリーンのかっこがある部分、ベースコードの</script>タグの前に貼り付けます。

2. カスタムコンバージョンの使用

カスタムコンバージョンを使用すると、新しいページが読み込まれた時にウェブサイトのコンバージョンをトラッキングすることができます。 URLコードに基づいて動作するため、追加のスニペット(コード)は必要ありません。

会社ですでに使用している名前と同じものでコンバージョンを作成でき、最大40個まで作ることができます。例えば、ウェブサイト上のさまざまなリードフォームに異なる名前のコンバージョンも作成可能です。

・作成方法

1 .「測定とレポート」タブの下の「カスタムコンバージョン」メニュー項目へ移動。

2. 「作成ボタン」をクリック。

3. ユーザーがコンバージョンを達成するために訪問するウェブサイトのURLを入力し、
4 トラッキングするアクションのタイプに最も一致する、標準イベントカテゴリを選択しましょう。

5. カスタムコンバージョンにわかりやすい名前を付けます。コンバージョン値がある場合はそちらも入力してください。
6. 「作成」→「完了」ボタンをクリックすれば終了です。

これで広告作成時にカスタムコンバージョンを選択できるようになります。

・Facebookピクセルの使用と最適化

作成したFacebookピクセルは、作成したすべてのキャンペーンへ自動的に適応されますが、最適化したいコンバージョンをキャンペーンへ割り当てる必要があります。 次の記事では、コンバージョントラッキングと最適化について説明します!

画像:Facebookより