Facebookピクセルガイド2 - コンバージョン測定と最適化

インストールは最初のステップにすぎません。 Facebookピクセルを有効活用していきましょう。Facebookピクセルは、キャンペーンの掲載結果を監視するツールだけでなく、適切に使用することで、キャンペーンを最大限に活用することができます。

この記事では、

  1. コンバージョン測定と、さまざま段階におけるファネルのトラッキング設定方法
  2. キャンペーンを作成、特定のコンバージョンアクションに向けて最適化

を説明していきます。

*Facebookのコンバージョン測定

「コンバージョン測定したいからFacebookピクセルを実装した」という方、多いのではないでしょうか。1つ前の記事でも取り上げていますが、標準/カスタムコンバージョンを実装することにより、ユーザーがウェブサイトで行った行動を追跡できるようになりました。

これは、広告セットや広告を詳細に分析し、オーディエンスデータを細分化して、広告キャンペーン構成が目的のアクションを実行しているかを正確に把握できるということ。つまり、

  1. どのターゲットオーディエンスがコンバージョンを達成しているか
  2. どの広告クリエイティブが支持されているか
  3. 最良の結果を得るためにどこへ費用を投入すべきか

がわかります。

ー 設定方法

Facebook広告マネージャとAdgo(アドゴ)でキャンペーンを分析すると、表示されている選択したデータ列をカスタマイズできます。 

・Facebookでのカスタマイズ方法
1. ビジネスマネージャから「広告アカウント」へアクセス
2. チェックしたい広告アカウントをクリック
3. 列:「パフォーマンス」をクリック

4. 「列」のドロップダウンボックスを選択し「列をカスタマイズ」を選択

5. 列のカスタマイズウィザード内で、ダッシュボードに表示されるさまざまな選択肢から選ぶことができます。

ここにはFacebookの標準的なコンバージョンと、設定したカスタムコンバージョンが含まれているほか、上記2つのコンバージョンごとのコストを知ることもできます。

また、表示したい列を保存し、デフォルトとしても設定可能です。これで、広告セット、広告、オーディエンスのいずれがコンバージョンを提供しているのか、どの費用で提供されているのか確認できるようになりました。

*コンバージョンファネルのパワー

コンバージョンファネルは、顧客がコンバージョンに至るまでの道筋で、ビジネスによって異なります。また、 Facebookピクセルを使ってコンバージョンファネルを設定すると、どのコンバージョンジャーニーで潜在顧客を失っているかがわかります。

eコマースのウェブサイトではコンバージョンファネルが簡単に定義できます。また、Facebookの標準イベントでは、eコマースにおけるコンバージョンファネルが既に設定済み。今回は、eコマースを例に、コンバージョンファネルトラッキングのチカラを見ていきましょう。

eコマースのウェブサイトでは、購入に至るまでのカスタマージャーニーに共通する重要な段階がいくつかあります。

eコマースコンバージョンファネル 
カートに入れる>チェックアウトを開始>支払い情報を追加>購入

標準/カスタムコンバージョンを使い、Facebookピクセルがこのジャーニーの各段階を記録するように設定されていると、ある段階から次の段階に進む顧客の数、それぞれの段階で顧客を獲得するために必要な費用、コンバージョンファネルにおけるボトルネックを特定します。

(例)

  1. チェックアウトには至るが購入していない人が多いため、次に行うリマーケティングキャンペーンに適している
  2. カートに追加から購入するまでのコンバージョン率が高く、より多く予算を投入するのに適している
  3. 支払い情報追加の際に入力必須項目が多いため、離脱者が多い

など

*Facebookピクセルで最適化する方法

Facebookでキャンペーンを設定すると、さまざまなマーケティング目標を選択できます。「ウェブサイトのコンバージョン数を増やす」を例に説明します。

この目的を選択すると、広告セットの設定時に1つのコンバージョンを選択できるようになります。 Facebookはそのキャンペーンを最適化し、これらのコンバージョンを最大限に活用するユーザーをターゲットにします。また、コンバージョンに支払う金額に応じて入札するというかなり強力な機能を使うこともできます。 

*Adgoがキャンペーンを最適化する仕組み

Adgo(アドゴ)では、以下のすべて、またはこれらより多くのことを行うことができます。

・複数のコンバージョンや目標を選択して、最適化

 購入、カートに追加、チェックアウトを開始する、クリック数、クリック率、エンゲージメント(さらに独自のカスタムコンバージョンを含む)

つまり、Facebookの場合と同じように、キャンペーンの最適化を1つのコンバージョン目標に基づいて行うだけでなく、複数のデータを使ってキャンペーンの最適化を行うため、より洗練されたアプローチを提供します。

またAdgoは、常にあらゆる規模でこの最適化を行います。つまり、何百もの広告セットと何千もの広告でも実行されるということ。個人やチームが手作業で達成できない細かいデータに基づいてキャンペーンを最適化することができ、収益を生み出す可能性が最も高い分野へ優先順位を付けることが可能となるのです。

*予告:カスタムオーディエンス作成

カスタムオーディエンスはFacebookの広告エコシステムの非常に強力な機能であり、Facebookの外で収集したデータを使って広告をターゲティングすることが可能に。これにより、潜在顧客と現在の顧客をつなぐさまざまな方法が提供されます。

次の記事では、カスタム/類似オーディエンスについて詳しく説明していきますね。

画像:Facebookより