Facebookピクセル3 - カスタムオーディエンスと類似オーディエンスの作成方法

これまでFacebookピクセルに関するシリーズとして

  1. ピクセルのインストール方法
  2. コンバージョントラッキング設定と最適化

を説明してきました。
最終回となる今回は、カスタムオーディエンスと類似オーディンスについて説明していきます。
この2つのターゲティング方法は、潜在顧客と関わりを持ち、現在の顧客やリードを再び結びつけ、Facebook以外のデータからターゲティングを拡大させる方法を提供してくれるものです。

*カスタムオーディエンスとは?

企業・団体の持つ顧客リストとFacebookのアカウント情報を併せ、広告を表示することができる機能を指します。Facebook外の情報を生かせるのが特徴で、ターゲティングから既存顧客を除いたり、オフラインで収集した情報から、特定のセグメントへのみ広告配信することが可能となります。

よくご質問されるのは「個人情報は大丈夫ですか?」というもの。こちらはFacebookからの引用をご覧ください。

「カスタマーリストはお使いのウェブブラウザでローカルにハッシュ化され、Facebookに送信されます。そこで、利用者のハッシュ化されたIDの既存リストと照合され、一致したものはカスタムオーディエンスに追加されます。ハッシュ化すると、カスタマーリストのデータを、元に戻すことのできない短いフィンガープリントに変えます。これはデータがFacebookに送信される前に起こります。

  1. Facebookでは、Facebookの利用者から提供を受けたデータをハッシュ化しています。カスタマーリストのアップロードを開始すると、Facebookにアップロードする前に、お使いのブラウザでローカルでハッシュ化されます
  2. ハッシュ化されたデータがFacebookにアップロードされたら、既存のデータと照合します
  3. 一致するデータはカスタムオーディエンスに追加されます
  4. 一致するハッシュも一致しないハッシュも削除されます

ー カスタムオーディエンスでできること

  • ウェブサイトへアクセスした顧客をリターゲティング
  • かご落ちした顧客をリターゲティング
  • 現在の連絡先またはリードをターゲットとして設定
  • 動画の視聴率が高い、または関心が高い顧客をターゲットとして設定
  • メールを開封しない顧客をターゲット設定
  • 現在の顧客をキャンペーンから除外する

などができるようになります。

ー カスタムオーディエンスを作成する方法

必要なものは、

・お客さまのメールアドレス
・電話番号
・FacebookユーザーID
・モバイル広告主ID

のいずれか1つ。

1. 広告マネージャで、画面の左上にあるプルダウンメニューから「オーディエンス」を選択
(もしくは「アセット」から「オーディエンス」を選択)

2.「オーディエンスの作成」ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから「カスタムオーディエンス」を選択

ここから、カスタムオーディエンスを4つの方法で作ることができます。

詳しく説明していくと、

  1. カスタマーファイル :csvファイルまたはtxtファイルをアップロードし、顧客データをコピーしてFacebookに貼り付けるか、メールCRMをFacebookに同期
  2. ウェブサイトトラフィック :お持ちのウェブサイトまたはウェブサイト内にある特定のページを訪問した人のリストを作成。 最近の訪問者のみが含まれるようにタイムスケールを追加できる
  3. アプリアクティビティ :アプリ内で特定のアクションを実行したユーザーのリストを作成
  4. Facebookでのエンゲージメント :お持ちのFacebookページの動画、広告、キャンバス広告などに反応したユーザーのリストを作成

作成後は、オーディエンスページに

  • オーディエンスサイズなどの大切な統計情報
  • すべてのカスタムオーディエンスのリスト

が表示されます。
そしてキャンペーンを作成する際、複数のカスタムオーディエンスを選択できるほか、広告セットのオーディエンス、予算、スケジュールを決めるタイミングでターゲティングを含めるか・除外するかの選択ができるようになります。

*類似オーディエンスとは?

ー 類似オーディエンスできること

既にビジネスへ関心を示している人たちと似た傾向を持っているため、同じように関心を示す可能性が高いと考えられる人たちへとリーチを広げる機能のことをいいます。

この機能を使うと、既存のカスタムオーディエンスリストに基づいて新規の潜在顧客のリストを作成できるほか、
Facebookは

  • カスタムオーディエンスのキーとなるデモグラフィックとターゲティング機能を分析
  • ターゲット地域内のユーザーの内、少ない割合で構成された新しい類似オーディエンスを作成

を行います。

カスタムオーディエンスと似ていますが、新しいターゲットで構成された新しいオーディエンスリストが提供されます。また、基となるリスト数が100人以上である必要があります。

ー 類似オーディエンスの作成方法

1. 広告マネージャで、画面の左上にあるプルダウンメニューから「オーディエンス」を選択
(もしくは「アセット」から「オーディエンス」を選択)

2. 広告マネージャー画面で、「オーディエンスの作成」ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから「類似オーディエンス」を選択

3.「ソース」で類似させたい既存のオーディエンスを入力、「国」を選び、「オーディエンスサイズ」を選択

オーディエンスサイズは、対象となる国の人口の割合で決まります。アメリカを例にすると、人口が約3億2,500万人(2017年5月現在:アメリカ合衆国国勢調査局より)なので「オーディエンスサイズ1」を選択すると、類似オーディエンス数は325万人となります。サイズは 1%から10%の間で選択できますが、小規模な方が元となるデータ(ソースオーディエンス)と一致しやすくなります。

使用できるようになるまで数時間から1日かかることもありますのでご注意ください。

これで、キャンペーンの作成時に類似オーディエンスを含めるか、除外するか選ぶことができます。

*まとめ

これでFacebookピクセルを有効活用できるようになりましたね。

世界の約17億人以上(2017年5月現在)の人たちへ広告を届けられるFacebook広告プラットフォーム。Facebookピクセルを利用して、よりビジネスを加速させていきましょう!

画像:Facebookより