Facebook・Instagram広告配置ガイド

Facebookで広告キャンペーンを開始すると、さまざまなネットワーク内の掲載可能な広告配置が自動的に表示され、リーチできる可能性のある人数を最大限にします。このブログでは、掲載場所ごとに適したターゲットや広告要件などを説明していきます。

スクリーンショット 2017-08-24 16.37.23.png

*前提

・広告をすべての配置へ表示させたい
これらの配置には、FacebookとInstagramのアプリ、Facebook外部にあるウェブサイトやアプリが含まれます。またキャンペーンの目的によってはこれらの配置が最適でないところもあります。したがって、各広告の掲載位置をより深く理解することで、広告を表示する場所を適切に選択し、費用を最適化することができます。

・入札戦略を管理したい
広告の支払い額(CPMまたはCPC)は配置ごとに大きく異なります。例えば、デスクトップニュースフィードは一般的にモバイルニュースフィードよりも高価です。そのため入札戦略を管理したい場合、すべての配置を選択して1つの広告セットに加える必要はありません。 

Adgo(アドゴ)では、使用する各配置を選択し、別々の広告セットへ分割することができます。これにより、それぞれの入札戦略を管理できます。

これらのことを念頭に置いて、各広告配置の実際の働きを見ていきましょう。

*Facebook

・デスクトップフィード
掲載場所:デスクトップまたはノートパソコンユーザーのFacebookニュースフィード

static1.squarespace.jpg

・右カラム
掲載場所:Facebookの右側の列
この配置は、デスクトップまたはラップトップデバイスでFacebookを閲覧しているユーザーにのみ表示されます。

static1.squarespace.jpg

・モバイルフィード
掲載場所:携帯端末ユーザーのFacebookニュースフィード
Facebookをモバイルアプリまたはモバイルウェブブラウザで見ているユーザーに有効です。

static1.squarespace.jpg

・インスタント記事
掲載場所:FacebookのモバイルアプリとFacebookメッセンジャーのインスタント記事
インスタント記事は、サイト運営者がFacebookのモバイル・アプリ内でストーリーを公開、読み込み時間を短縮し、エンゲージメント率を高める機能です。 この配置を選ぶと、サイト運営者記事に広告が表示されます。

static1.squarespace.jpg

・メッセンジャー
掲載場所:既にFacebookメッセンジャー内で直接会話しているユーザー

*Instagram

・フィード
掲載場所:Instagramのニュースフィード
主にモバイルブラウザでウェブサイトにアクセスするすべての人のInstagramアプリ内で表示されますが、デスクトップやノートパソコン上のウェブブラウザからInstagramにアクセスする人へも表示されます。

static1.squarespace.jpg

・ストーリー
掲載場所:ユーザーのInstagramストーリー内
1枚の写真または最大15秒間のビデオにすることができますが、縦型の静止画と動画(比率=9:16)のみ使用可能です。

*オーディエンスネットワーク

モバイルアプリやFacebookの外のウェブサイトに表示されます。Facebookアプリ以外へのリーチが可能となりますが、広告が表示される周りのコンテンツ管理はできません。

オーディエンスネットワークには以下3種類の広告が表示されます。

1. バナー

static1.squarespace.jpg

2. インタースティシャル

static1.squarespace.jpg

3. ネイティブ

static1.squarespace.jpg

*ターゲティング、目的、クリエイティブ

上記のすべての広告配置では、基本的なユーザー属性、関心、行動によるターゲティングを使用できます。また、どのデバイスへ広告を掲載しているかに応じて、追加でターゲット設定することも可能です。

(例)
・デスクトップ
ターゲット設定:ウェブブラウザやオペレーティングシステムに基づき設定できる

・モバイル
ターゲット設定:モバイルデバイスやオペレーティングシステムに基づいて設定できる

※注意したいポイント
1. 一部の広告配置は特定のキャンペーン目的でのみ利用できます
2. 一部の広告配置にはサイズの異なるクリエイティブが必要です
(画像:アスペクト比とピクセルサイズを含む。動画:ファイルサイズと動画の長さを含む)

各キャンペーン目的に関する各広告配置パラメータの詳細については、Facebookガイドラインをご覧ください。

*結論

広告が表示される場所は、どのような広告テキストが含まれているかが影響してきます。つまり、Facebook外部のウェブサイトやアプリにも表示される可能性があるのです。これは、広告主がキャンペーンを作成し配信する際熟考するとても大切な要素です。

さらに、さまざまな配置で広告を掲載する場合の費用、掲載結果は大きく異なる可能性があります。ある配置で他の場所よりも良い広告掲載結果が得られ、一部の広告配置では他の広告配置に比べてCPCまたはCPMが高くなります。

Facebookの自動配置オプションでは、広告が表示される場所と各配置の入札戦略の管理ができません。

Adgoのようなプラットフォームは、使用する広告配置を管理し、掲載場所ごとに異なる入札戦略を作成できるようにします。