「投稿の広告」 ではなく、 「投稿を宣伝」 を選ぶべき理由

投稿の広告」 ではなく、 「投稿を宣伝」 を選ぶべき理由

多くの人がひっかかりがちな、よくある罠に陥ってはいけません。この「投稿の広告を出す」ボタンは全ての投稿のすぐ横にあるので、アクセスしやすく、一見便利そうに思えるかもしれません。しかし、正しい方法でプロモーションを行う方が、結果的には多くの利益を生むのです。

この「投稿の広告を出す」機能を使って行うことができる設定やターゲットのオプションを詳しく見てみましょう。

特定の地域や年齢、性別やキーワードまでターゲット設定できるので、新しく始めたFacebookの広告主にとっては、素晴らしい機能に見えるかもしれません。

では、こういったオプションの何が問題なのでしょうか?そもそも広告を宣伝することの目的は、単にコンテンツを見る人の数を増やすことではなく、コンテンツを適切な人たちに見てもらうことです。このため、ターゲットの設定をできるだけ減らした方が、より良い結果が得られるのです。

実は、Facebookはこのようなターゲット設定を提供しています。これは通常の広告管理者アカウントで使用でき、誰でもアクセスして広告を作成することができます。

まず、 http://www.facebook.com/ads/create にアクセスします(ビジネスマネージャの場合、こちらのリンクを開いてください)。

「投稿を宣伝」を選択します。

ページを選択します(複数にアクセスができる場合、どれかひとつを選択します)。

ドロップダウンリストから、宣伝したい投稿を選択します。

完了すると、オーディエンスのターゲット設定ができる画面が表示されます。

設定する項目が多いですが、心配はいりません。ここでの設定はキャンペーンのパフォーマンス改善につながるものですが、最初は様子を見ながらそれぞれのオプションを試すのがよいでしょう。

「投稿の広告を出す」と似た設定

年齢、性別、地域などの項目は「投稿の広告を出す」機能で設定できるものと共通しています。しかし、広告管理者の設定を利用することで、特定の地域や住所、郵便番号やGPSロケーションといった詳細な項目を含めたり、除外したりと、より具体的な地域設定が行えます。半径何km以内といった細かい距離まで設定が可能です。

追加の設定

キーワードだけでなく、婚姻ステータス、教育やライフイベントなどの高度な統計データを使って絞り込むこともできます。

広告管理者として投稿を宣伝すると、カスタムオーディエンス機能を使用することも可能です。

 

カスタムオーディエンスの作成や使用の方法に慣れていない場合、Adgoがこれらの内容を詳しく紹介していきますので、今後の投稿をよくチェックしてください。

投稿の宣伝が始まったら、キャンペーンとその結果をしっかり観察するようにしてください。投稿の宣伝をするということは、見た人からのコメントやシェア、「いいね!」や、ページへの「いいね!」などのアクションを期待しているはずです。投稿内のリンクをクリックしてほしいこともあるでしょう。

あなたのページ上で人々とつながることは、将来のターゲットとなるファンを増やすのに最善の方法です。また、Facebookはプライベートメッセージなどへのレスポンスの回数に関する情報も表示しています。

宣伝した投稿について、下記のことを必ず行うようにしてください。

  1. 返信する
  2. シェアしてくれた人にお礼を言う
  3. ページに「いいね!」をしてくれた人にこっそりお礼を言う
  4. あなたの投稿に「いいね!」してくれた人に、ページを「いいね!」してくれるよう招待する

まとめ

「投稿の広告を出す」機能で時間を浪費してしまうのは簡単ですが、Facebookの広告管理者機能を使ってキャンペーンを日々こつこつと管理することで、キャンペーンの効果は劇的に改善するでしょう。