競合他社と差をつける、広告代理店×Adgoのプレゼンとは?

新しいビジネス、プロジェクトを始める際、どの代理店も行うのが「プレゼン」ですよね。見込みクライアントへ「自分たちがこのキャンペーンを成功させるのに最も適した代理店」であることを証明して仕事を勝ち取るわけですが、弊社プラットフォーム・Adgo(アドゴ)を使って競合他社と差をつける提案、してみませんか?

弊社プラットフォームを使うと、運用に割かれていた人材が

  • シナリオ作り
  • クリエイティブ
  • ブランディング

へ力を注げるようになるため、他社とは違う、深い提案を行うことができるのです。
それでは業界の流れからAdgoの機能、特性などを一緒に見ていきましょう。

*問題とは?

ー デジタルが期待を変えた

メディアバイイングと測定法が変わり、広告業界はデジタルへと移行しつつあります。このことが広告主・消費者両方の期待と、代理店の運営方法を変えました。

海外ドラマ「マッドメン」のように、広告代理店がテレビ、ラジオ、印刷広告を売っていた時代は終わり、デジタルに特化した代理店やソーシャルメディアエージェンシーが台頭して来ています。

それはデジタル技術の進歩により、消費者の期待が高まっているから。米調査会社「Forrester(フォレスター)」は現代を「新しい顧客の時代」としています。 拡張現実、チャットボット、AIの進化により、人々はいつでもどこでも望むものを手に入れられるーそんな時代なのです。

一般的なメッセージを流すだけでは足りず、消費者は彼らのニーズに合うよう整えられたメッセージを期待しています。 「消費者の期待が高まる」というこの流れは、ミレ二アル世代が市場の多くを占めるようになるにつれ、より大きくなっていくことでしょう。

このため、代理店はカスタマージャーニーを最初から最後までより魅力のあるものにしていくべく、戦略を変える必要があります。

皆さんはチャネルについてのノウハウや、大規模かつカスタマイズされたキャンペーン運用時間をきちんと取れていますか?また、変化の早いデジタルチャネルからクライアントにとって最適なものを選び、キャンペーンを提案できているといえるでしょうか。

*Adgoが提供する解決法

ー AIはこれらの期待に沿い、超えていける

Adgoを活用すると、クライアントの望むあらゆる規模の複雑なキャンペーンを作成、AIアルゴリズムを使ってキャンペーンの管理を自動化することができます。

複数のオーディエンスセグメントと各オーディエンスセグメント内に複数のメッセージを持つキャンペーンを作ることができます。 当社独自のアルゴリズムは、各セグメントで最高のパフォーマンスを発揮するメッセージと、これに合うユーザーを見つけ最適化を実施。これはキャンペーン全体で入札単価と予算を調整し、どの広告クリエイティブをどのセグメントへ見せるかをコントロールすることで実現できるもの。

Facebookや他のプラットフォームで利用できるoCPMにはない透明性、正確性、柔軟性を提供します。

それぞれの段階で別々の目標を設定し、カスタマージャーニー全体にわたる多段階なキャンペーンも作成できます。 私たちのAIは、マーケティングファネル全体で働くように設計されているため、各オーディエンスセグメントや理想的なメッセージの段階ごとに最適なカスタマージャーニーを見つけます。 また、キャンペーン全体で何百万という組み合わせをテストし、ベストな結果を見つけることができるのです。

難しそうに聞こえるかもしれませんが、実際にはクライアントが何段階のファネルを持っているか、オーディエンスセグメント数、各段階ごとに最適化したい行動を決めるだけ。とても柔軟ですよね? また、1つの広告キャンペーン内か複数のキャンペーンにわたって設定することも可能です。

Adgoは、ファネルの上部から下部まで、すべてのオーディエンスセグメントについて何百万もの可能性の中からリアルタイムでベストなカスタマージャーニーを見つけ、最適化します。 これにより、手動では対応できないレベルで認知を高め、エンゲージメントを強化しコンバージョンを促進することができるのです。

*結論

ー Adgoを使い、より深い提案を

大規模でよく知られているところもあれば、小規模でも飲み込みが早いチャネル専門家がいるところも。代理店にはさまざまな規模、特性がありますが、しなければいけないのはクライアントへ「わたしたちの会社には最高のデジタル人材がおり、最も効果的なキャンペーンを実行できる」ことを証明し、納得していただくこと。

プレゼン差別化のポイントとして、Adgoを活用されてはいかがでしょう。
弊社プラットフォームは

  • 1つのキャンペーンで何百万もの可能性をテスト、ベストなものへ自動で最適化
  • 各オーディエンスセグメント、クリエイティブ、カスタマージャーニーについての詳細で透明性の高いレポートを提供

することができます。
運用がとても楽になるため、

  1. インサイトがつかめシナリオが作れる
  2. リソースを抑えてクリエイティブに力を割ける
  3. ブランディングに力を注げる

これらの付加価値を加えることも可能に。
「使ってみたい」と思われましたら、ご連絡ください。一緒にプレゼンを勝ち取りましょう!