Facebook広告にはどちらを使うべき?CPMとCPC、2つの課金タイプを比較

*どちらを使えばより効果的?

オンライン広告をスタートした際「CPMとCPCの違い」を検索された方も多いのではないでしょうか。この2つの課金タイプは、広告のパフォーマンスに影響を及ぼす大切なトピックスです。この記事では、この2つの質問に答えていくとともに、どんな状況にFacebookのどの課金タイプが適しているかを説明していきます。

*CPMとCPC

CPC

CPCはクリック・パー・コストの略で、クリック単価のこと。 これは「誰かが広告をクリックした際」のみ課金されます。

CPM

CPMはコスト・パー・ミル(=ラテン語で1,000の意)の略で、1,000インプレッションあたりの広告単価です。 広告がクリックされた回数に関係なく「1,000回のインプレッションがあった時」に課金されます。

ー どう機能する?

Facebook広告は、多くのプログラマティック広告(基本的には、広告主側と媒体社側とのあいだで、複数のアドテクノロジーが介在し、いつ・どこで・誰に・どんな形で広告を掲示すべきか、いままで以上に細かく設定できるシステムのこと 「DIGIDAY」より)と同じく、広告スロットの競合相手に対し入札を行い、最も効果を上げている広告(Facebookにとって収益をもたらす広告)を表示させるもの。CPM、CPCで課金したい場合を問わず、Facebookの収益はCPMで計算されます。

ー 課金タイプと広告最適化の違い

実際に見て行きましょう。
1. 「Facebook広告アカウント」→各「広告セット」→「編集」をクリック


2. 画面を下までスクロールすると、下記画面となり
3. ここで課金タイプを設定します

課金タイプはリンククリックかインプレッションの最適化を選ぶ時によって異なります。
リンククリックの広告配信を最適化する場合は、課金タイプをインプレッション(CPM)またはリンククリック(CPC)に設定できますが、最適化でインプレッション、1日のユニークリーチ、コンバージョンの3つを選んだとしても、インプレッションの課金タイプしか選ぶことができません。

ー 広告が掲載されるとどうなる?

  1. 広告掲載が始まると、Facebookが既にベンチマークとして使用している掲載結果データ履歴を持つ、広告競合他社を対象とした入札に参加します。 
  2. 最初の期間に、広告パフォーマンスを他社と比較しFacebookへ収益をもたらしていない場合、広告掲載の回数が減って行きます。

ー 課金タイプはどのように影響しますか?

・クリック単価の場合
広告がクリックされるたびに料金が発生します。
もしクリックスルー率が0.15%と低く、クリックあたり0.25ドルで入札している場合、10,000回以上のインプレッション数で発生するクリック数は15です。

また、広告がクリックされるたびに料金が発生するため、この場合CPMで考えるとは0.37ドルに。 他社と比べてFacebookへ十分な収益をもたらしてない場合、広告は入札で負けてしまい、表示されなくなる可能性があります。

・インプレッション単価の場合
1,000回表示されるたびに料金が発生します。
クリック率が低い場合でも関係なく広告は表示されますが、この場合CPCで考えると、とても高くなります。 逆に、クリックスルー率が高く、CPMで請求されている場合、CPCは低くなります。

*CPC・CPMを使う必要がありますか?

正しい答えはありませんが、シナリオによっていい方法があるかもしれません。

ー CPCを選ぶ理由

・良い点
簡単にいうと、ユーザーが広告をクリックしたときのみ、料金が発生されるという点。 理論的には、広告があまりクリックされなくても、何千ものインプレッションが最初は無料で与えられます。もし広告のパフォーマンスが良くない場合は、多くの金額を払わずに済むという保護手段にも。

・気になる点
Facebook広告を始めたばかりの人々にとっては良い選択です。 広告のパフォーマンスがとてもいい場合、クリックされるたびに料金がかかるということ。このため、安いCPC・入札価格を得ることができません。

ー CPMを選ぶ理由

・良い点

パフォーマンスが関係ないところ。広告の掲載結果が悪い場合、支払い金額が高くなったりお金の無駄になってしまう可能性が出て来ます。 ただ広告のパフォーマンスが良い場合は、Facebookの推奨CPCを上回る可能性も。

さまざまなターゲットセグメント、複数の広告クリエイティブがあり、入札単価と予算戦略を効果的に最適化している、大規模で高度なFacebook広告キャンペーンを運営している場合ーFacebookの推奨を上回るパフォーマンスが得られる可能性があります。

しかしこれを手動で行うのは難しいこと。何千もの異なるターゲットセグメント、クリエイティブ、入札と予算を追うのはとても複雑ですよね。Adgoを使用すると、独自のアルゴリズムによって入札の最適化とクリエイティブ選択を自動化し、簡単に管理することができます。

*結論

FacebookでCPM、CPCを使うかどうかは、個人の好みに応じて変わりますが、この選択はキャンペーンへとても大きな影響を与えます。

・Facebookを初めて利用する、または予算が少ない場合
CPCが最適。 パフォーマンスの低下を防ぐことができます

・Facebook広告に慣れていて、大きな予算があり、構造の整ったキャンペーンを作成できる場合
CPMが最適です。費用を削減しながらパフォーマンスを最適化することができます

キャンペーンに合った課金方法を選び、パフォーマンスを向上させていきましょう。